50代夫婦生活、旦那が誘ってくれなくなったときに起こすべき行動

相性

「もう50代だから?私への愛情が消えたから誘ってくれないの?」

 

仲良しが続いていた旦那が夫婦生活に誘ってくれなくなったら、妻として、いえ女性として不安になりますよね?

50代ともなると夫側のレスの理由は、心理的なものだけではなく身体の方にも原因があるなどじつに様々です。

なぜなら、50代の女性が更年期を迎えるように、50代の男性も自分の心身を取り巻く状況が目まぐるしく変化する時期を迎えるから。

 

本文では、50代の夫婦生活の頻度や夫側のレスの理由、旦那さんが誘ってくれない時に起こすべき行動や仲良し夫婦でいるための秘訣を解説しています。

夫側レスの理由はじつに様々です。

だからこそ、「もう愛情がないの?私に原因があるの?」と1人で悩まないで下さい。

本文の解説を読み、夫の本当の気持ちに気付き、いつまでも愛される妻でいましょう。

 

 

いますぐ当たる占い師に相談できます

電話占いなら自宅で誰にもバレずに相談できるので、人には言えない複雑な悩みも解決できると評判です
未来を当ててもらうことで失敗を避けることができるし、あなたが行動すべきベストタイミングも分かります
初回無料相談もできるので、まずは声に出し相談することから未来を変えていきましょう

50代夫婦生活の頻度は平均月に1回しかない?

コンドームメーカーサガミによる「あなたは1か月に何回セックスをしますか?」という調査によると、50代の夫婦生活の頻度は、平均で月に1.3回程度というデータがあります。

(参考:https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018/02_partner_sex.html

そして、この頻度は、20代、30代の夫婦と比べてずっと少ないと言えます。

 

その原因は男女ともに性欲が低下すること、長い間夫婦生活がなくて今さらそんな気になれないこと、仕事が忙しくて元気がないことなど様々です。

このような理由から、普段は仲が良いものの、夫婦生活はせいぜい月に1回程度という夫婦は意外と多いのです。

 

 

 

50代夫側レスになる理由

主に夫側から見てレスになる理由をいくつか解説します。

原因を知ることで対処法を見つめなおしましょう。

 

 

加齢により性欲が減退してしまった

一般的に50代男性の性欲は、20代男性の半分以下だと言われています。

性欲が減退すれば、夫婦生活の頻度が減ってしまうのも無理はありません。

スポーツを一緒に楽しむなどし、下半身の強化がおすすめです。

 

 

長い間レスなので夫からは誘いにくくなった

男性からのお誘いも、50代にもなると恥ずかしくなるもの。

性欲の減退とともに夫婦生活を持たなくなっている期間が長いほど、夫側もどのように妻を誘っていいのか分からなくなってしまうというケースは意外と多いです。

ムリに誘うと夫の男性としてのプライドを傷つけるので待ってあげましょう。

 

 

仕事が忙しくて疲れている

日々仕事が忙しくて、そんな気になれないというケースもあります。

なぜなら、50代にもなると仕事で重要なポジションについていたり、上司と部下との間で板挟みになり疲れているから。

体力はもちろん、精神的にも消耗していると夫婦生活にも積極的になれないんです。

男性の下半身事情は女性が思っている以上にデリケートなもの。

ストレス発散に付き合ってあげる、もしくは趣味の時間を作ってあげるなどしてげるのが効果的です。

 

 

自分の体力に自信がない

50代男性の性欲は20代の半分以下だと述べましたが、夫婦生活を行うだけの体力も落ちていると考えられます。

そのため、自分から誘って最後まで続けられなかったらどうしようと不安になる男性は意外と多いようです。

「スキンシップだけでも嬉しい」と言葉で安心させてあげるのも必要です。

 

 

妻に女性としての魅力を感じなくなった

年齢とともに老けていくのは男女共通ですが、妻が日頃の振る舞いや態度までおばさん化してしまい、家族としての愛情はあるものの、もう女性としては見れないというケースもあります。

家の中では全く化粧もせず、パジャマ同然の恰好でダラダラと過ごしている、夫の前であまりにもがさつな言葉遣いや態度を取っているという女性は注意が必要です。

 

 

50代男性の夫側レスの原因は、身体的衰えとストレスによる影響です。

とくに男性は女性よりも圧倒的にプライドの高い生き物。

あなたに愛情があるからこそ、「きちんと最後まで夫としての役目を果たさないといけない!」と気負ってしまい上手くいかないことが多々あります。

社会的責任から負担を受けている50代夫とのレスは、まずはそのプレッシャーを緩和させてあげることが上手くいく秘訣です。

 

毎日読まれている記事です

セックスレスを占いで解消した体験談 

 

 

旦那が誘ってくれなくなったときに起こすべき行動

日ごろからどんなに仲が良くても、旦那さんが全く誘ってくれなくなったら寂しいですよね。

ここでは、そんな時にあなたが起こすべき行動を解説します。

 

まずは、夫の心の中を思いやってみましょう。

なぜなら、夫側のレスの理由はあなたへの愛情がなくなったわけでも、あなたとの夫婦生活が嫌なわけでもなく、自分自身に原因があることも多いからです。

 

そのうえで、夫が疲れているようだったら、まずは優しい言葉をかける、労わってあげることが大切です。

もし、夫側が今は夫婦生活に自信がなかったり、性欲自体が減退していて難しいようなら、日常生活の中であなたから軽いスキンシップを取るようにしてみましょう。

ときには、思い切って自分から誘ってみるのもいいかもしれませんね。

また、上記の⑤でご紹介した『妻に女性としての魅力を感じなくなった』に思い当たる方は、一度自分の身だしなみや言葉遣いなどを改めて見直してみることも大切です。

 

大切なのは、相手の気持ちを尊重することです。

旦那さんが誘ってくれない原因をよく考え、あせらずに時間をかけて適切な行動を取っていくようにしましょう。

 

 

50代を過ぎても仲良し夫婦でいるために必要なこと

 

一般的に50代と言えば、夫婦での暮らしも長くなり大きなケンカはなくなる一方で、お互いの関心が減り会話がなくなっていく時期でもあります。

 

そんな50代の夫婦が仲良く暮らすコツは、『お互いのことを尊重すること』です。

なぜなら、本当に円満な夫婦の関係とは、どちらか一方だけが努力すれば維持できるものではないからです。

 

具体的には自分の主張を通すばかりではなく、相手の気持ちも思いやってきちんと意見を聞く、感謝の気持ちを口に出して伝える、相手の行動を束縛したり依存したりすることなく自立した関係を保つことなどが重要になってくると言えるでしょう。

そのうえで、共通の趣味があればそれを楽しむ、日頃から雑談をする、軽いスキンシップを取ることなどを習慣にしてみて下さい。

 

50代を過ぎても仲良し夫婦でいるためのは、お互いの気持ちを尊重しつつ、日々のコミュニケーションを維持していくことが大切です。

そうすることで、結果的には夫婦生活のレス解消にもつながっていくものです。

 

 

【2022年最新】本当に当たる電話占いランキング!悩み別に選べるおすすめの占い師7名を確認する

Charis(カリス)
画像の説明を日本語で入力

「とにかく当たる!」と口コミでも人気なのが電話占いカリス。
テレビ番組・的中王で3年連続優勝した由季先生をはじめ、在籍しているのは厳正な審査を通過した専属の占い師ばかりです。
24時間365日対応している専任のコンシェルジュがいるため、不安なことや占い師選びに迷うことがないので安心できます。
芸能人や財界人からも信頼される”当たる占い”をぜひ体感してください。

niikee(ニーケ)
画像の説明を日本語で入力

不倫や復縁などの「複雑愛」にとにかく強いのが電話占いニーケ。
霊感霊視に優れた実力派占い師の先生が揃っているため、相手の気持ちを視抜き、的確なアドバイスがもらえるのが特徴です。
”時期読み”に強い先生もいるため、告白すべきタイミングや相手から連絡のくる時期もわかります。
LINEの代筆まで行ってくれるため、あなたの恋愛運は確実に好転します。
他人に言えないような辛く苦しい悩みでも、ニーケの鑑定ならあなたを導いてくれます。

Vernis(ヴェルニ)

電話占いヴェルニは創業18年で登録者20万人以上おり、口コミ評判や信頼度は業界トップクラス。
在籍の占い師は「応募者全体のたった3%しか採用されない厳しいオーディション」を合格しており、1,000名以上在籍&実稼働数では業界№1です。
通話料も完全無料のため安心で、専門のサポートスタッフがいるから初めて電話占いを利用する人にもおすすめ。
期間限定でもらえる4,000円分のポイントで今すぐ無料相談ができてしまいます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました